質問: 犬を放すことが出来るドッグパークはシドニーにはいくつかありますが、あるパーク内で別の犬の飼い主に、私の飼い犬(大型犬)がその人の犬を(小型犬)を襲った、として後日訴えられました。実際には、犬同士は威嚇しあっただけで、私の犬はその犬に触れてもいません。(30代 女性 シドニー在住)


もし飼い犬が他の動物や人間を襲った場合(一般にDog Attackと言われるケース)その犬の飼い主は法的に罰せられる可能性があります。その際注意が必要な点は、実際に自分の犬が相手の人間や犬に怪我をさせなかったとしても、その相手が「恐怖」を感じたらそれはDog Attackとみなされる、ということです。(Companion Animal Act 1998 第16条)。

もし裁判所において審問の結果有罪判決が出ると、その罰則として飼い主には最高$77,000の罰金、又は最長5年の刑期が言い渡される可能性があります。またその有罪判決は飼い主の犯罪歴となる可能性もあり、そうした犯歴は飼い主の将来のビザ申請や海外渡航、就職の際に影響をもたらすこともありますので、慎重な対応が必要です。もしDog Attackで裁判所に出廷命令がきたら、速やかに法律アドバイスを受けられることをお勧めします。

処罰は飼い主だけでなく飼い犬にも及びます。最悪の場合、その犬に安楽死の命令が出されることがあります。一般的な処罰としては「危険な犬(Dangerous Dog)」として登録するための「A Notice of Intention to Declare Dangerous Dog」がCouncilから送られることが挙げられます。一旦犬がDangerous Dogとして登録されると、その犬の飼い方に様々な制約が課せられたり、再びその犬が問題の対象となった場合、次の罰金は10倍以上の金額になることもあります。従ってこうした事態を未然に防ぐべく、事前の対処が重要となるのは言うまでもありません。

このNoticeを受け、不服申し立てをおこなう場合には、その飼い主は7日以内に書面で反論(A letter of Objection)を行う必要があります。Dangerous Dogと登録された後でも、登録後28日以内であればLocal Courtに申し立てを行うか、又は12か月以内に当該Councilに申し立てを行うことも出来ます。我々の経験から、これらの方法の中で最も有効なものは指定期日以内にA letter of Objectionを当該Councilに提出することであると考えます。

上述の事柄以外にも犬を飼う場合には一般に様々な規定が設けられています。例えば、犬の生後12週間までにマイクロチップを入れること(罰金$165以上)、生後6か月までにCouncilに登録すること(罰金$275以上)、犬を常にコントロールすること(最高$1,100の罰金)、公共の場所では糞を拾うこと(最高$880の罰金)などがその例です。さらに、その犬がDangerous Dogと認定されていた場合にはある種の違反に対する罰金は倍増の対象となります。

快適な犬との生活を送る為にも、Office of Local GovernmentのResponsible Pet Ownershipのウェブページ https://www.olg.nsw.gov.au/public/dogs-and-cats/responsible-pet-ownership-programを閲読されることをお勧めします。


*本記事は法律情報の提供を目的として作成されており、法律アドバイスとして利用されるためのものではありません。